新型レンジローバー

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは11月19日、米国で11月28日に開幕するロサンゼルスモーターショー12において、新型『レンジローバー』(日本名:レンジローバー・ヴォーグ』)を米国プレミアすると発表した。

新型レンジローバーは2012年9月、パリモーターショー12でワールドプレミア。4世代目となるレンジローバーは、世界で最も洗練されたSUVを目指して開発された。そのハイライトは、SUVとしては世界初のオールアルミ製ボディの採用。ランドローバーによると、先代よりも20%軽く、燃費やCO2などの環境性能は22%引き上げているという。

米国向けの新型レンジローバーは、直噴5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。欧州向けのガソリンエンジンはスーパーチャージャーのみだが、米国では、その自然吸気版が用意される。

現時点では、パワースペックは公表されていない。ただしランドローバーは、車両重量は先代比でおよそ380kgも軽量化したと公表。同社は、「新型のアルミ構造が、パフォーマンスと環境性能を劇的に向上させる」と説明している。