森精機、伊賀事業所に電気自動車ステーションを新設

森精機製作所は、伊賀事業所に電気自動車(EV)用の充電ステーションを設置したと発表した。

充電ステーションは、同社の資本提携先であるドイツのギルデマイスター製で、風力発電装置、レドックスフロー電池が設置されている森精機エナジーソリューションパークに設置した。

最大6台のEVやプラグインハイブリッド車(PHV)に給電ができ、中央のモニターには、再生可能エネルギーを訴求する動画が流れる。更に、個別の給電に対して削減できたCO2の量が左右のモニターに表示される。

主に伊賀事業所内のEV、日産『リーフ』とPHVのトヨタ『プリウスPHV』への給電に使用するが、社員が通勤に使用するEVなどにも給電することができる。

通常の約1.2倍の速さで充電を行うことが可能で、リーフの場合、約6.5時間、プリウスPHVの場合、約1.2時間でフル充電することができる。既に設置されている風力発電装置で発電した再生可能エネルギーを、レドックスフロー電池に蓄えて、充電ステーションで給電するため、環境への負荷も軽減する。

災害時にも、EVやPHVへ給電でき、災害対応の機動力を確保することが可能としている。

森精機、伊賀事業所に電気自動車ステーションを新設