日産リーフと西沢正昭常務執行役員《撮影 池原照雄》

日産自動車は11月20日に、電気自動車(EV)『リーフ』をマイナーチェンジし、発売した。マイナーとはいえ、電池ケースやパワートレインの改良などで合計80kgの軽量化を図るなど、全面改良に匹敵する見直しを行っている。

2010年12月に発売したリーフは国内外で累計4万3000台と、EVとしては世界最多の販売実績を挙げている。ただ、販売ペースはなかなか加速する状況にないため、ほぼ2年でのテコ入れで、販売増を図ることとした。

国内営業を担当する西沢正昭常務執行役員は、今回の改良について「航続距離に対する不安や、価格が高いという印象など、お客様の声をできるだけ早く商品に反映したかった」という。

JC08モードによる航続距離は従来の200kmから228kmへと、1割強増やした。電力消費を軽減できるヒートポンプエアコンの採用などにより、JC08の審査には反映されない航続距離延長のための新装備も多く採用している。

価格面では、国の購入補助金支給を勘案すると250万円を切るエントリーモデルも新設定した。西沢常務は「新しいモビリティ社会の実現に貢献したいという大義ももって(EVの)普及に取り組みたい」と、話した。

日産自動車の西沢正昭常務執行役員 日産リーフ マイナーチェンジ発表会 日産リーフ マイナーチェンジ発表会 バッテリーセル バッテリーセル フロントに集約されたe-PT(パワートレーン) フロントに集約されたe-PT(パワートレーン)