BMWのデザインチャレンジ作品、 eパトロール

BMWは11月19日、米国で11月28日に開幕するロサンゼルスモーターショー12の恒例イベントである「デザインチャレンジ」に、『eパトロール』を出品すると発表した。

ロサンゼルスモーターショー12では毎年、「デザインチャレンジ」と呼ばれるイベントを実施。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2012年は、GM、BMWグループ、メルセデスベンツ、ホンダ(日本と米国)、スバルがエントリーしている。

2012年のテーマは、「2025年のハイウェイパトロールカー」。BMWの米国デザイン拠点、BMWグループデザインワークスUSAが今年のデザインチャレンジに出品するのが、eパトロールだ。

BMWは2025年、米国のハイウェイはさらに交通量が増え、スピードも高速化すると予想。EVなど、走行する車のパワートレインも、現在よりも種類が増えると見る。

そんな未来の高速道路をパトロールするために開発されたのが、EVパワートレインを持つeパトロール。デザインは空気抵抗を減らすため、パワーボートのような形状を採用。ボディには、アルミやカーボンファイバーなどの軽量素材が用いられた。

最大の特徴は、交通量が多い渋滞時でも、取り締まりが行える点。左右の前輪部が、子機のように本体から離れ、シングルホイールのポリスカーとして追跡が可能。また、本体のルーフからは、空からの取締まりが行える飛行物体が分離できる構造となっている。

BMWのデザインチャレンジ作品、 eパトロール BMWのデザインチャレンジ作品、 eパトロール BMWのデザインチャレンジ作品、 eパトロール