山内孝社長(左)《撮影 池原照雄》

マツダは11月17日、新型『アテンザ』を発表、新型車は『CX-5』でも人気を得ている2.2リットルのクリーンディーゼル車が販売の中心となる見込み。山内孝社長は月間1000台という国内販売計画のなかで「ディーゼルの目標は60%程度としている」と述べた。

もっとも10月上旬から始めた先行予約は、「11月19日までに4300台に達しており、うち8割弱がディーゼルになっている」という。2月に発売したCX-5は、10月までに国内で3万7000台の販売実績となったが、ディーゼルは8割相当の3万台を占めている。

CX-5の発売時には「(ディーゼル比率を高める)自信はないけど、予感はある」としていた山内社長だが、「まさにマツダが日本のディーゼルマーケットを開拓するようになった」と、自信をもち始めている。より小型の新ディーゼルの投入についての質問にも「是非期待して見ていただきたい」と述べ、開発に取り組んでいることを認めた。

アテンザを発表する山内孝社長《撮影 池原照雄》 マツダ・CX-5