フォード フィエスタ

フォードモーターは11月19日、米国向けの『フィエスタ』に、「1.0エコブースト」を設定すると発表した。実車は11月28日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12で披露される。

1.0エコブーストは、フォードモーターの新世代環境エンジン、「エコブースト」の中でも、最もダウンサイジング色を鮮明にしたユニット。直噴1.0リットル直列3気筒ガソリンエンジンにターボチャージャーを組み合わせ、最大出力123ps、最大トルク20.5kgmを引き出す。

すでにフォードモーターは、欧州市場向け主力コンパクトカー、フィエスタに1.0エコブーストを設定。今回、同社は米国仕様のフィエスタにも、2013年に1.0エコブーストを導入すると宣言した。

1.0エコブーストの米国投入は、今回が初めて。米国仕様のEPA(環境保護局)燃費は確定していないが、フォードモーターは、「ハイブリッドを除いたエンジン搭載車では、米国で最も低燃費になるだろう」と述べ、その燃費性能に自信を示している。