FISITA2012 ・デンソーブースイメージ

デンソーは、11月27日から30日まで中国・北京で開催される「FISITA Automotive Congress」に出展し、安全・環境分野に関する製品・技術などを紹介する。

安全分野では、ドライバーの顔画像から画像認識技術により眠気度合いなど運転意識低下状態を検出し、安全運転に寄与する「ドライバーステータスモニター」を紹介。加えて、画像センサー、ミリ波レーダーを組み合わせた「センシングシステム」、路車間・車車間通信を用いた「インフラ協調システム」を展示する。

環境分野では、車両の停車時だけではなく減速時にもエンジンの再始動を可能にする「タンデムソレノイドスターター」を展示。また、車両の減速時における回生電力を効率よく蓄積し、走行中に必要な電気機器へ電力供給を行う「リチウムイオン電池パック」や、エンジンが停止した状態でも車室内の温度上昇の抑制を可能とする「蓄冷エバポレーター」など、燃費向上に貢献する新製品を紹介する。また、インバーターの高性能化、小型化を実現する「SiC小型インバーターモジュール」を現在開発中の製品として紹介する。

デンソー、ドライバーステータスモニター