ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田千鶴子》

ルノー・ジャポンは、レッドブル・レーシングの2011年F1世界選手権コンストラクターズチャンピオン獲得を記念した2モデル(『メガーヌR.S.レッドブル・レーシングRB7』と『トゥインゴR.S.レッドブル・レーシングRB7』)を、それぞれ30台限定で発売した。

同社商品担当のフレデリック・ブレンさんによると、『メガーヌR.S.レッドブル・レーシングRB7』は、標準モデルと同様2リッターターボ165馬力、360Nmのエンジンを搭載し、シャシーカップ仕様です。レカロシートや、RSモニターも装備しています」という。そして、レッドブル・レーシングの特徴としては、「エクステリアでは、ジョンシリウスという黄色のパーツ部分がポイントで、フロントブレードやドアミラー、リアディフューザーなどが違います。そして、ルーフはチェッカーフラッグが描かれ、レッドブル・レーシングのステッカーがボディに貼られます」

インテリアでは、「レカロはレザーシートとなります。さらに、シフトノブがレザーからアルミ製に変更され、握った感じや操作フィーリングがさらに良くなっています」。ホイールは、「レッドパイピングの入った19インチのアロイホイールにブリジストンポテンザRE050Aを装着。昨年7月11日にニュルブルクリンクで、市販FF最速の8分07秒97を叩き出した仕様です」と述べる。

ボディカラーは、「ノワールエトワール、星空の黒という意味で、同じ黒の限定車、『トゥインゴR.S.レッドブル・レーシングRB7』とは微妙に違うのです」と語った。

価格は429万円。ルノースペシャリストディーラー17店舗で発売される。

ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田千鶴子》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田千鶴子》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田千鶴子》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田千鶴子》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田千鶴子》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー・ジャポン商品担当のフレデリック・ブレンさん《撮影 内田俊一》