アウトランダー・スポーツにSABICのGTX樹脂が採用

SABICは、三菱自動車の北米製コンパクトSUV「アウトランダースポーツ」(日本名=RVR)の2013年モデルのフロントフェンダーに、SABICの次世代「NORYL GTX989樹脂」が採用されたと発表した。

同車のフェンダーは、左右両方のフェンダー部品を一度に成形可能な2個取り射出成形を採用、成形サイクルタイムの半減と金型を1つにすることでコストを削減した。

SABICの材料は、重量軽減による燃費の向上、環境性能の向上、歩行者頭部衝撃吸収ブラケットを一体化した北米初のフェンダーを実現する設計自由度の面でも大きく貢献している。

自動車ボディーパネルに初めて採用された今回のGTX989樹脂は、ポリアミド(PA)と変性ポリフェニレンエーテル(PPE)の導電性ポリマーアロイとしての機械特性が活用された。GTX989樹脂は、従来グレードと比べて耐熱性が10度向上しているため、高温環境下でのオンライン塗装に適している。また、GTX樹脂シリーズは、線熱膨張係数(CLTE)が従来グレード比で10%低く抑えられ、寸法安定性が向上し、隣り合うパネルとの面差や隙の管理が容易になるとともに、大型で高精度なボディーパネルの設計が可能となる。

三菱自は、この設計自由度を活用することで、歩行者保護性能を向上するエネルギー吸収ブラケットをフェンダーに一体化した。検証結果では、GTX樹脂製フェンダーの頭部傷害基準(HIC)値が同等の鋼板製フェンダーと比べ25%低い。

また、アウトランダースポーツのフェンダーを鋼板からGTX樹脂へ置き換えることで、車体重量が3kg軽減している。重量軽減効果は、最近米国で発表された米国燃費規制が自動車メーカーに課すマイレージ要件を実質的に2倍にするとしている。