ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》

ルノー・ジャポンは、2011年F1コンストラクターズチャンピオン獲得記念モデルとして、2モデルをそれぞれ限定30台で発売した。

その2モデルとは『メガーヌR.S.レッドブル・レーシングRB7』と、『トゥインゴR.S.レッドブル・レーシングRB7』だ。トゥインゴに関して、商品担当のフレデリック・ブレンさんは、「1.6リッター134馬力、160Nmエンジンを搭載。17インチホイールを採用したシャシースポールで、標準の『トゥインゴゴルディーニR.S.』と全く一緒です」という。

エクステリアの変更点は、「ジョンシリウスという黄色のフロントブレード、ドアミラー、リアスポイラーなどが違います」。また、「インテリアでは標準の『トゥインゴゴルディーニR.S.』のシートはレザー仕様ですが、これをファブリックでサイドがレザー調のシートにしました。これは初めて日本に導入するものです」と述べる。

ボディカラーは両車ともブラックだ。しかし、「トゥインゴは真珠の黒という意味のノアールナクレ、メガーヌはノワールエトワール、星空の黒になり、微妙に違うのです」と語った。

価格は235万円で、ルノースペシャリストディーラー17店舗で発売する。

ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》 ルノー ・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7《撮影 内田俊一》