マクラーレン 12C GT Can-Amエディション

英国のマクラーレンオートモーティブは11月17日、『12C GT Can-Amエディション』を限定生産すると発表した。

同車は新型スーパーカー、『MP4-12C』をベースに開発されたサーキット走行向けのスパルタンモデル。2012年8月、米国カリフォルニア州で開催されたペブルビーチ・コンクールデレガンスにおいて、ワンオフのコンセプトカーが披露された。今回、マクラーレンオートモーティブは、F1米国GP開催に合わせて、同車の量産化を宣言している。

MP4-12C の3.8リットルV型8気筒ツインターボユニットには、エンジンコンピュータや冷却系を中心に、チューニングを実施。その結果、最大出力は630psを引き出す。ノーマルの600psに対して、30psの上乗せだ。

エアロダイナミクス性能は、F1マシンのノウハウを注入して引き上げられた。大型カーボンファイバー製リアウイングやフロントリップスポイラー、専用ディフューザーなどの空力パーツ採用により、ダウンフォースは30%高められる。

足回りもサーキット走行用に専用チューニング。軽量アルミホイールに、ピレリ製レーシングタイヤを組み合わせた。室内には、FIA(国際自動車連盟)の基準に適合するロールケージを装着。バケットシートや6点式シートベルト、F1マシンと同デザインのステアリングホイールなども採用された。

12C GT Can-Amエディションは、2013年3月から30台を限定生産。英国での価格は、37万5000ポンド(約4850万円)と公表されている。

マクラーレン 12C GT Can-Amエディション マクラーレン 12C GT Can-Amエディション マクラーレン 12C GT Can-Amエディション マクラーレン 12C GT Can-Amエディション マクラーレン 12C GT Can-Amエディション マクラーレン 12C GT Can-Amエディション マクラーレン 12C GT Can-Amエディション マクラーレン 12C GT Can-Amエディション