アウディA3にデビューしたMOST150

車載マルチメディアネットワークのMOST(Media Oriented Systems Transport)の標準化団体であるMOSTコーポレーション (MOSTCO)5は、最新世代であるMOST150が「アウディA3」に初めて搭載されたと発表した。

アウディは2002年に初めてアウディにMOSTを実装して以来、アウディの高級インフォテインメントシステムの標準ネットワークとなっている。今回、新世代のMOST150がアウディの新シリーズA3に搭載された。今後、フォルクスワーゲンのゴルフを始め、VWグループ各モデルに展開される。

MOST150の市場投入とともに、今回のアウディのA3が車載情報システムの全ての装置にイーサネット・チャネルを対応した初のモデルとなる。MOSTコーポレーションは、既にMOST規格でサポートしてきた映像、音声、制御データの伝送用の転送メカニズムに、25イーサネット・チャネルを追加した。MOST150のイーサネット・チャネルはIEEE802.xネットワークのように機能する。