ロードマップ

マイクロソフトは11月15日、Windows Embedded 8ファミリーのバリエーションとロードマップを明らかにした。


◆Windows Embedded 8に加えてWin CEの直系「Windows Embedded Compact 2013」もリリース

現行の「Windows Embedded Standard 7」は「Windows Embedded 8 Standard」に、またWindows Embeddedのフルバージョンである「Windows Embedded Enterprise」は「Windows Embedded 8 Pro」に、そしてPOS端末向けの「Windows Embedded POSReady 7」は「Windows Embedded 8 Industry」へと名称を変えてバージョンアップする。POS用途だけでなくヘルスケアや製造業などに向けても最適化していくため、Industryの名称変更を加えた。

またこれらとは別に、Windows CEベースの最新版として「Windows Embedded Compact 2013」を提供する。

Windows Embedded担当のAPACマーケティングディレクターを務めるジョン・ボラディアン(John Boladian)氏は、Windows Embedded Compact 2013がWindows Embedded 8シリーズと差別化されている理由について、次のように説明。

「特定のニーズにおいては、(ARMではなく)x86ベースのデバイスのサポートが必要だったり、非常にコンパクトなOSが必要とされている。たとえばコールドスタートでスタートアップしたり、データを収集するデバイスにも送ったりクラウドでバックアップをとったりするといった例だ」。なお、Windows Embedded Compact 2013においてもVisual Studio 2012をサポートする。

今後のリリース予定としては、10月にWindows Embedded 8 Standardのカスタマープレビュー(リリースプレビュー)を出しており、2013年の3月にはWindows Embedded 8 ProおよびWindows Embedded 8 Standardを正式リリースする。また小売り業種向けのWindows Embedded 8 Industryについては2013年にCTP(Community Technology Preview)をリリースする予定だという。そして2013年の第2四半期にはWindows Embedded Compact 2013を出す予定だ。


◆Automotiveは2013年の早い段階で詳細アナウンス

なお、カーナビなど自動車機器向けの「Windows Embedded 8 Automotive」および主にハンディターミナル用途の「Windows Embedded 8 Handled」については2013年のはじめに追加の詳細情報を提供できる予定だという。

開発環境の構築やWindows 8との親和性・汎用性、デバイス間のアプリケーション互換性などのサポート体制、そしてパートナー企業を取り巻くエコシステムはマイクロソフトの強みといえる。

コンシューマー向けの製品を見るにつけ、ついついAndroidとiOSというスマートフォン/タブレットの二大陣営の去就に目が行きがちだが、ボラディアン氏は、この会見において飛躍的な市場拡大が予想される組込用の業務機器分野へ抜かりのない製品展開を図っていることを繰り返し強調していた。

Windows Embedded担当のAPACマーケティングディレクターを務めるジョン・ボラディアン(John Boladian)氏 マイクロソフト、Windows 8ベースの組込み向けOSの概要とロードマップを開示 Windows Embedded 8の製品群 Windows Embedded 8 Standard デバイスやドメインに関係なく利用できるのがWindows 8ファミリーの強みだという マイクロソフト、Windows 8ベースの組込み向けOSの概要とロードマップを開示 マイクロソフト、Windows 8ベースの組込み向けOSの概要とロードマップを開示