日産 GT-R NISMO GT3 の2013年モデル

日産自動車のモータースポーツ活動をサポートするNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)は11月13日、『GT-R NISMO GT3』の2013年モデルを発表した。

同車は、市販車の日産『GT-R』をベースに、FIA(国際自動車連盟)が定める国際GT3レギュレーションに適合させたレーシングカー。2013年3月のデビュー以来、SUPER GT(GT300クラス)、スーパー耐久(GT3クラス)、英国GT選手権などで勝利を収めてきた。NISMOは今回、実戦から得られたデータや、台上実験、テスト走行、顧客からのフィードバックをもとに、性能を向上させた2013年モデルをリリースする。

2013年モデルのハイライトが、エンジン出力の向上。VR38DETT型3.8リットルV型6気筒ツインターボユニットは、カムタイミングの最適化などの改良を実施。最大出力は530psから550psへ、最大トルクは62.4kgmから65kgmへ引き上げられた。

また、エアロダイナミクス性能も向上。フロントのカナード追加、フロントフェンダーのルーバー大型化、リアウィング位置の最適化などにより、前後空力バランスを改善。ダウンフォースを増加させ、空力性能を高めている。

さらに、ブレーキ配分の適正化、空力性能向上に伴うサスペンションセッティングの見直し、エンジン出力向上に伴うギアレシオの最適化などの改良を実施。NISMOは、「さらに戦闘力を高めた」と自信を見せる。

GT-R NISMO GT3の2013年モデルの日本やアジア、北米、南米、オセアニアでの価格は、日本円で3675万円。従来の2012年モデルの顧客には、アップデートキットが用意される。

日産 GT-R NISMO GT3 の2013年モデル 日産 GT-R NISMO GT3 の2013年モデル 日産 GT-R NISMO GT3 の2013年モデル 日産 GT-R NISMO GT3 の2013年モデル