14日午前3時20分ごろ、大阪府大阪市西区内の市道を走行中の乗用車が路外に逸脱。交差点沿いにあるビル1階の喫茶店に突っ込む事故が起きた。クルマに乗っていたとみられる男女は車両を放置し、近くからタクシーに乗って逃走したものとみられている。

大阪府警・西署によると、現場は大阪市西区南堀江1丁目付近で片側3車線の直線区間。乗用車は交差点を右折した際に曲がりきれず、隣接するビル1階部分の喫茶店に突っ込んだものとみられる。

事故当時、喫茶店は営業時間外で店内に人はおらず、事故に巻き込まれた車両や歩行者もいなかった。クルマに乗っていたとみられる男女は車両を放置して逃走。近くでタクシーを拾ったという目撃証言もあり、警察はこの2人が乗ったとみられるタクシーの特定を急いでいる。

この事故の直前、大阪市浪速区恵美須西付近を10km/h程度の低速で走行する不審な乗用車をパトロール中の警官が発見。職務質問をしようとしたところ、急に速度を上げて逃走していた。このクルマとビルに突っ込んだクルマの特徴が似ており、警察では同一車両の可能性も高いとみて、調べを進めている。