超小型EV実証実験車両≪撮影 小松哲也≫

横浜市と日産自動車は、2人乗り超小型電気自動車(EV)を無料で貸し出し、横浜市中心部を実際に走行体験してもらう実証実験を11月19日から始める。

持続可能なモビリティ社会の実現を目指し、横浜市と日産が2011年度から共同で取り組んでいるプロジェクトの一環。『EV FOR EVERYONE 横浜』と名付けて2013年1月31日まで実施し、超小型EVの利便性や二酸化炭素削減効果などを検証する。

実証実験は横浜駅東口〜みなとみらい〜関内〜山手・元町エリアで行われる。実際に利用するには日産レンタカーのホームページで会員登録した上で、予約が必要。超小型EVは日産本社ギャラリーステーション、横浜赤レンガ倉庫1号館、山下町地下駐車場の3か所で貸し出し、3.5時間利用できるという。

日産ゼロエミッション事業部ZEV企画グループによると実証実験で使う超小型EVは道路車両運送法の規定上に無い車のため、一般の人が公道を自由に走ることもできない。このため国土交通大臣認定の実証実験として、一般の人に公道で走行体験してもらうという。

超小型EV実証実験車両≪撮影 小松哲也≫ 超小型EV実証実験車両≪撮影 小松哲也≫ 超小型EV実証実験車両≪撮影 小松哲也≫ 超小型EV実証実験概要説明≪撮影 小松哲也≫ 超小型EV実証実験概要説明≪撮影 小松哲也≫