中国国際航空、B777-300ER

中国国際航空は、11月22日から、北京〜フランクフルト便に長距離ワイドボディーのB777-300ERを導入すると発表した。

同社は北京〜フランクフルト路線に重点を置いており、現在、両都市間で毎日2往復運航している。

B777-300ERは、8席のファーストクラス、42席のビジネスクラス、261席のエコノミークラスで構成。ファーストクラスでは、フルフラットになるシートを包み込むシェルがプライバシーを保護し、天然ウールと革張りクッション材を使用している。

ビジネスクラスでは、乗客にシートを調整するための独立したコントロールパネルが用意されている。エコノミークラスでは、人間工学的に設計されたシートが乗客に安心感を与え、より広いレッグルームを提供する。

全クラスに個別のAVODと電源コンセントを備える。クラス別にそれぞれ25インチ、15インチ、9インチのディスプレー、幅広いAVODプログラムを用意する。独自のムード照明システム、中央バー、バリアフリー・トイレなど、機内提供のアメニティーも備える。

同社は現在、ドイツ向けには北京〜フランクフルト、上海〜フランクフルト、北京〜ミュンヘン、北京〜デュッセルドルフの4路線を運行している。

中国国際航空のホームページ