パナソニック『ストラーダLシリーズ』、プリウスα用は8インチサイズだが、車種によっては7インチのラインアップもある。《撮影 石田真一》

この秋、パナソニック「ストラーダ」の新製品として車種専用メモリーナビゲーション「Lシリーズ」2機種6タイプ(7車種)が登場した。新型Lシリーズは、インパネにジャストフィット装着が可能な専用設計カーナビゲーション。


◆ステアリングスイッチや音響設定もプリセット

専用設計の利点を生かし、液晶ディスプレイの大画面化だけでなく、上質なデザインと使いやすさの向上を実現している。専用の取り付けキットは「ビューティフルキット」と呼ばれ、音響設定やステアリングスイッチ連携機能も対応車種別に設定されており、装着後のセッティングの手間を最小限にとどめる配慮がなされている。また、ルックスも、車内のイメージや操作性を損なわず、純正に近い質感だ。

対応車種は、トヨタ『アルファード』『ヴェルファイア』『プリウス』『プリウスα』に対応する8V型ワイドの「CN-LS810D」と、ホンダ『フリード』、ダイハツ『ムーヴカスタム』、トヨタ『アクア』に対応する7V型ワイドの「CN-LS710D」の2機種をラインナップしている。


◆エンタメ用のSDHCカードスロットのほか様々なメディアに対応

ストレージはSDHCカード16GB。これとは別にエンターテインメント用のSDHCカードスロットがあり(SDHCカードは別売)、音楽や映像などを保存したカードから再生が可能だ。国産主要車種のステアリングスイッチにも対応する。

先進機能としては、DSRC(狭域無線通信)によるITSスポットサービスにも対応するなど、安全・利便性を高めた。地図更新データは、Webユーザーを登録することで最大3年分無料でダウンロードが可能だ。

この写真集記事で紹介するプリウスα用のストラーダLシリーズは8インチモニターを備えた「CN-LS810D」で、通常の2DINサイズAVNよりも画面が大きいことも特長のひとつ。画面もフラットな静電容量方式のタッチパネルとなっており、スマートフォンライクなフリック操作やピンチイン_/ピンチアウトの地図拡縮にも対応する。

2DINサイズAVNでは本体下部や横側にあったハードキーは、ビューティフルキット側に移されている。このキーのデザインも装着する車両に専用の設計となっている。

ストラーダ連携アプリ「ここいこ」はLシリーズ登場にあわせてバージョンアップを実施。《撮影 石田真一》 コンシェルジュ機能が新たに加わった。《撮影 石田真一》 現在地周辺の観光スポットやグルメスポットを推奨してくれる。《撮影 石田真一》 ナビの目的地設定もワンタッチで行える。《撮影 石田真一》 予約送信機能も新たに追加された。事前に目的地を設定しておくと…。《撮影 石田真一》 クルマに乗り込み、ナビが起動した時点でナビ側へ目的地が送信される。《撮影 石田真一》 Android端末であれば、ナビもスマホも電源が入っており、かつ既にペアリングが過去に済んでいる状態であれば、自動送信が可能。iPhoneの場合は自動的に”送信しますか”が現れ、はい”を押して送信する。《撮影 石田真一》 スマートフォンから飛ばした紙飛行機(データ)が、ナビ側へ到着。《撮影 石田真一》 一度使ってしまうとナビ側での入力がわずらわしく思えてくるほど使いやすい。《撮影 石田真一》 寄り道コンシェルで最寄りのおすすめスポットをレコメンドしてくれる 「ここいこ」Androidアプリでは、ナビの起動時にあらかじめ設定した目的地を自動で送信してくれる トヨタ プリウスαの装着イメージ ホンダ  フリードの装着イメージ(LS710D) フリックUI 近接センサーにより手をかざすだけで自動で目乳が表示される 多彩で見やすい案内はストラーダシリーズの一貫した特徴だ プリウスの装着イメージ 経由地も含めて「ここいこ」アプリから送信が可能だ《撮影 石田真一》 音の匠/DSPモードは各メディアの再生音質をシーンや好みに応じて調整できる《撮影 石田真一》 高精細で見やすさに配慮された地図《撮影 石田真一》 ツートップメニューも健在。フリック操作でAV/ナビの切り替えが可能だ《撮影 石田真一》 静電式のタッチパネルと高速読出し/書込みメモリーでレスポンスは上々《撮影 石田真一》 エコドライブ診断機能。葉っぱの数でエコドライブの度合いを表示する《撮影 石田真一》 純正さならがのフィット感がLシリーズの特徴。後付け感がまったくない《撮影 石田真一》 目的地設定メニュー《撮影 石田真一》 ピンチイン・ピンチアウトでの縮尺変更が可能《撮影 石田真一》 必要時だけ呼び出せるランチャーメニュー画面 《撮影 石田真一》 エンターテインメント用のSDカードスロットやCD/DVDスロットがある《撮影 石田真一》 ラジオ局の選局画面《撮影 石田真一》