DSC体験のようす

トヨタ自動車は、安全技術開発の最新動向をメディアに公開した。発表が迫る新型『クラウン』への搭載を示唆する安全技術として、駐車場などにおける誤操作をサポートする「インテリジェント クリアランス ソナー(ICS)」と「ドライブ スタート コントロール(DSC)」、追突事故対策として「プリクラッシュ ブレーキ アシスト(PBA)」の進化版を披露した。

ICSとDSCは、アクセルペダルの踏み間違いを想定シーンとしている。駐車場での踏み間違い事故は年間約7000件発生しており、これらの事故の抑制に寄与することを目指しているという。

ICSは、クリアランスソナーが自車の進行方向に障害物を検知した場合、通常の警報機能に加え、エンジンやモーターの出力を制御し、自動的にブレーキをかけることで事故を防ぐ。

DSCは、駐車場などでアクセルを踏んだまま「R」レンジから「D」レンジにシフト変更を行なうなど、通常とは違うアクセル、シフト操作が行なわれた場合に、画面表示による注意喚起とともにエンジンやモーターの出力を制御する。

事前に衝突を検知し、衝突に備えることによって被害軽減を実現するPBAは今回、最大で60km/hの減速を可能にする性能向上を発表した。この技術により例えば、先行車両が20km/hで走行しており、自車が80km/hで突入した場合、60km/hの減速に対応する。追突事故時の相対速度(追突する車両と追突される車両の速度差)は、9割以上が60km/h以内で発生しているため、トヨタでは進化したPBAにより、追突事故の9割以上をカバーできるとしている。

なお、これらの安全技術は新型クラウンに対して、ICS、DSC、PBAがセットでオプション設定となる見込み。

DSC体験のようす PBA体験のようす PBA体験のようす DSC体験用車両 DSCの作動イメージ ICSの作動イメージ