RJCカーオブザイヤーを受賞した日産『ノート』

日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)主催の「2013年次RJCカーオブザイヤー」は、日産自動車の『ノート』が受賞した。11月13日に最終選考会が実施されノートが最高得点を獲得、日産は2012年の『リーフ』に続き2年連続受賞となった。

そのほか、輸入車部門の2013年次RJCカーオブザイヤー=インポートは、BMW『3シリーズ』とフォルクスワーゲン『up!』が同時受賞。テクノロジー部門の2013年次RJCテクノロジーオブザイヤーは、スズキの「スズキグリーンテクノロジー」が受賞した。

また、2013年次RJCカーオブザイヤー特別賞として、三菱ふそうトラック・バスの『キャンターエコハイブリッド』に搭載された「ハイブリッド用モーター内蔵デュアルクラッチ式トランスミッション」が受賞、商用車初の同賞受賞となった。

11月1日開催の第一次開票ではノートのほか『CX-5』、『ワゴンR』の3台が得票数で並んでいた。イヤーカーとなったノートは、今回の最終選考会においては、デザインや室内空間のほか、直噴ミラーサイクルエンジンに高効率スーパーチャージャーを搭載した新開発エンジンによる、低燃費と気持ちの良い走りを両立させたことなどが評価された。

RJCカーオブザイヤーのインポート部門を受賞した、BMW 3シリーズ RJCカーオブザイヤーのインポート部門を受賞した、VW up! RJCテクノロジーオブザイヤーは、ワゴンRに採用した「スズキグリーンテクノロジー」 RJCカーオブザイヤー特別賞は、三菱ふそう「キャンター エコ ハイブリッド」に搭載の「ハイブリッド用モーター内蔵デュアルクラッチ式トランスミッション」