スズキ 鈴木修会長兼社長とワゴンR

スズキは、同社の次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」が、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)による「2013年次 RJC テクノロジー オブ ザ イヤー」を受賞したと発表した。

スズキがRJC テクノロジー オブ ザ イヤーを受賞するのは今回が初。

今回受賞したスズキグリーン テクノロジーは、環境に配慮しながら、便利で楽しいクルマを目指す技術の総称。2012年9月に全面改良した新型『ワゴンR』から採用した、減速エネルギーで効率よく発電・充電し、発電のための燃料消費を削減する「エネチャージ」、13km/h以下でエンジンを停止する「新アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時でも蓄冷材により冷風を保つ「エコクール」をはじめ、新軽量衝撃吸収ボディー[TECT]、エンジン&CVTの高効率化、走行抵抗の低減といった様々な次世代環境技術が高く評価された。

2013年次 RJC テクノロジー オブ ザ イヤーは、2011年11月1日から2012年10月31日までの間に、国内で発表された乗用車に採用された技術を対象に、RJC会員の投票によって選出され、11月13日に行われた最終選考によって決定した。

スズキの本田治副社長と「エネチャージ」模型