シボレー スパークEVのティーザー画像

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは11月13日、11月28日に開幕するロサンゼルスモーターショー12において、『スパークEV』を初公開すると発表した。

同車は、コンパクトカーの『スパーク』をベースに開発されたEV。GMは2011年秋、スパークEVを2013年に米国市場へ投入すると宣言しており、ロサンゼルスモーターショー12では、その市販モデルがベールを脱ぐ。

現時点では、スパークEVの内容は公表されていない。GMは2011年初頭、インドで『ビートEVコンセプト』を披露。同車をベースに、開発が進められてきたようだ。

ビートEVコンセプトは、最大出力60psのモーターを搭載。二次電池は蓄電容量20kWhのリチウムイオンバッテリーで、1回の充電で最大130kmを走行できる性能を備えていた。

スパークEVは2013年、まずはカリフォルニア州など米国の一部州で発売し、その後、世界市場へ投入する計画。シボレーは2013年、改良モデルを含めて13の新型車の発売を予定しており、スパークEVはそのうちの1車種となる。