マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》

マセラティジャパンは11月13日、『グラントゥーリズモ』シリーズの最新モデルである、『グラントゥーリズモ スポーツ』の発売を開始した。価格はMC オートシフト(オートマチック)が1750万円、MC シフト(セミオートマチック)が1800万円。デリバリーは11月下旬より開始。

ベースモデルである『グラントゥーリズモS』に対し、エクステリアやインテリアを変更。また、4.7 リッターV8 エンジンの最高出力は、チューンアップにより、ベースモデルより10psアップの460psを発生。セミオートマチック仕様は、マセラティのロードカーとしては最速の300km/h を達成した。

ブレーキは、専用のブレンボ製デュアル・ダイキャスト・テクノロジーを用いたシステムが装備され、ブレーキディスクには、スリット入りのドリル加工を施し、鋳鉄とアルミニウムという2 種類の素材を採用して15〜20%の軽量化を実現。フロント:6ピストン、リア:4ピストンのキャリパーを組み合わせることで、強力な制動力をもたらすと同時に、腐食や摩耗からブレーキシステムを守っている。

エクステリアでは、フロントバンパーを変更することにより、スムーズなエアフローとフロントブレーキの冷却性能が向上した。そして、マセラティ伝統のオーバルグリルと新採用のヘッドライトの間に、レーシングカーを彷彿とする新しいデザイン要素が盛り込まれ、存在感溢れるフロントデザインに一新した。そのヘッドライトは従来のクラスター形状を継承しながら、LEDテクノロジーを採り入れたスタイリッシュなLEDポジションランプを内蔵。機能性や視認性が飛躍的に改善され、安全性の向上にも寄与している。

インテリアは、洗練されたモーター・スピリッツを表現するために、よりスポーティな装いとなった。特に、新型スポーツシートは、人間工学に基づいた設計が施され、腰・背中と身体のサイドを支える優れたサポート機能を持つ、長距離ドライブでも疲れにくい快適さと居住性をドライバーとパッセンジャーに提供する。また、ステアリングは、人間工学に基づき、スポーツ走行にふさわしいデザインを追求。リムをよりフラットにしたほか、グリップ性が向上した断面形状に改められている。

マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田千鶴子》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ《撮影 内田俊一》