グンペルト・アポロ エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》

2012年8月末、ドイツの地方裁判所に破産を申請し、経営破綻したドイツのスポーツカーメーカー、グンペルト(GUMPERT)社。同社が、再生に向けての第一歩を踏み出した。

これは11月13日、グンペルト社が明かにしたもの。10月16日に破産手続きが開始され、破産管財人にジョージ・シャイド氏を指名したことを公表すると同時に、スポーツカーの『アポロ』の生産と販売を再開する意向を示したのだ。

グンペルト社は2004年1月、元アウディのモータースポーツ部門統括責任者、ローランド・グンペルト氏がドイツに設立。同年、オリジナルスポーツカーのアポロを発表した。アポロは、宇宙船をイメージしたという独特のフォルムが特徴。その進化形の『アポロスポーツ』は、ニュルブルクリンク北コースにおいて、7分11秒57というラップタイムを記録している。

2012年8月、グンペルト社が破産申請に至った主な理由が、経済情勢の悪化による販売不振。同社によると、とくに中国において、予想していた販売実績が達成できなかったことが大きいという。これにより同社は、資金繰りに窮し、支払い不能に陥った。

今回、グンペルト社は、アポロの生産と販売を再開する意向を表明。同社のローランド・グンペルト代表は、「2013年第1四半期(1-3月)、4-5台の新車を販売できそうだ」とコメント。さらに「世界のディーラーネットワークが営業を再開。日本、中国、トルコ、中東での受注が見込める」と語っている。

グンペルト・アポロ エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 グンペルト・アポロ エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》