積水化学工業は、「進・スマートハイム」による分譲住宅事業「スマートハイムシティ・プロジェクト」を近畿エリアで本格展開すると発表した。

近畿エリアを担当するのはセキスイハイム山陽と、セキスイハイム近畿で、太陽光発電システムと独自のコンサルティング型ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)「スマートハイム・ナビ」、定置型大容量リチウムイオン蓄電池「イーポケット」の3点セットを搭載する分譲住宅を販売する。

セキスイハイム山陽は「スマートハイムシティ・プロジェクト」の第1弾として、姫路市細江の用地を取得し、11月17日から「スマートハイムシティ飾磨」(58区画)の販売を開始するのを始め、今後は「スマートハイムシティ」シリーズの販売体制を強化する。

セキスイハイム近畿は今年3月から「スマートハイム」による分譲事業をスタートした。「スマートハイムタウン守山」(10区画)は完売し、「スマートハイムタウン金剛東」(84区画)も販売好調となっている。今回はさらに大規模な団地の開発に取組むため、大阪府茨木市彩都に50区画を想定して開発面積1万2300平方メートル、奈良市朱雀に57区画を想定して1万7700平方メートルの用地を取得し、「スマートハイムタウン」開発に取組む。

太陽光発電+HEMS+蓄電池の3点セットを搭載する進・スマートハイム分譲住宅事業スマートハイムシティ・プロジェクトの特長は、大容量太陽光発電による「創エネ」と、太陽光発電の電力を貯める蓄電池による「蓄エネ」、さらには電力の需給状況を「見える化」するHEMSによる「省エネ」を可能とした街づくりで、積水化学では今後、全国で展開していく方針だ。