セルジオ・ペレス(参考画像)

来季からルイス・ハミルトンに代わってマクラーレンのドライバーとなるセルジオ・ペレスは、与えられた靴のサイズに合わせて成長したいとの願望を語る。

今年、ザウバーでポディウム3回という大きな成果を残したペレスが埋めるのは、ルイス・ハミルトンという天才がそのキャリアのすべてを捧げ20回の優勝と2008年タイトルを獲得したマクラーレンに残す空白であり、大きなプレッシャーを感じていることを彼は隠そうとはしない。

「大きめの靴を与えられた子供の気分だよ。ルイスは偉大なドライバーだ。おそらくは現代最速だ。彼の抜けた後を埋めるのは容易なことではないだろうね」

ペレスがもうひとつの試練と考えるのは、新たなチームメート、ジェンソン・バトンとの競争だ。

「マクラーレンとサインした後、ジェンソンと話をする機会があった。立派なドライバーだと思ったし、素晴らしいチームメートに恵まれたとも思ったよ。経験豊かな彼に打ち勝つのは容易なことじゃない。ルイスが最速だと言ったけど、ジェンソンもまた最速級のひとりだ」

前途に待ち受ける試練の厳しいことは認めながらも、ペレスの掲げるターゲットはマクラーレン最初の年にワールドチャンピオンといささか野心的だ。

「ターゲットは率直に言えばワールドチャンピオンとなることだ。そのためには何勝もしなくてはならないし、タイトル獲得は大変だと思う。でも、僕はチャレンジを避けたりはしない」

セルジオ・ペレス(参考画像) セルジオ・ペレス(参考画像)