浄水駅前ステーション

ヤマハ発動機は、「豊田市低炭素社会システム構築実証プロジェクト」の一環として、運用が開始された都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」に11月14日から参画すると発表した。

ハーモは、パーソナルなモビリティと公共交通を組み合わせて使うことによって、人、街、社会に優しい交通の実現を目指すサービスシステム。現時点では2つのサービス「Ha:mo Navi(ハーモ・ナビ)」「Ha:mo Ride(ハーモ・ライド)」で構成。ハーモ・ナビは、個別に運営されている交通サービス間を連携させ、交通状況に応じた運営、交通手段の利用を促進し、低炭素かつシームレスな交通の実現をサポート。ハーモ・ライドは、公共交通でカバーできない自宅までの最終交通手段を、超小型EV、電動アシスト自転車シェアリングにより補完するサービス。

同社はハーモ・ライドのサービスの一環として、電動アシスト自転車PASによるシェアリングサービスを豊田市中京大エリアで開始。利便性と事業性の向上に向けた実証実験を行っていく。

具体的には、名鉄・浄水駅、愛知環状鉄道・貝津駅に設置されたステーション(バッテリー充電ロッカー含む)にて、電動アシスト自転車『パス』(10台)によるシェアリング管理システム(無人による車輌の貸し出し、返却のサービス)を行う。

同サービスは会員を対象に、当面、利用料を無料とし、広く使ってもらうことで様々な情報を収集する予定。なお、サービスの運営はトヨタメディアサービスに委託する。

今後は、豊田市での運用拡大に併せ、ステーションや車輌台数の拡大などを図り、ハーモ・ナビとのさらなる連携を進め、需要性とサービス技術要素の検証を行っていく。

豊田市実証実験Ha:mo RIDE(ハーモライド)