横浜ゴム、マカオグランプリにタイヤをワンメイク供給

横浜ゴムは、11月15日〜18日、マカオ(中国)で開催される「第59回マカオグランプリ」にADVANレーシングタイヤをワンメイク供給すると発表した。

同グランプリへのタイヤ供給は30年連続。同じくヨコハマタイヤワンメイクのFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)やGT ASIAの最終戦が同時開催されるほか、地元のツーリングカーレースなどのサポートレースでも多くの車両がヨコハマタイヤを装着する。

マカオグランプリは、マカオ中心地の公道を使用して開催される世界的にも有名な市街地レース。横浜ゴムは国際格式のF3マシンで競われるようになった1983年からワンメイクタイヤ供給を開始し、サーキットとは異なる市街地の特設コースに合わせたタイヤ特性が求められる同グランプリを30年間支えてきた。

今年は2005年から組み込まれたWTCCに加え、MACAU GT CUPの中で、GT ASIA最終戦も組み込まれている。

マカオグランプリのメインレースであるF3グランプリは、F1への登竜門とも呼ばれ、故アイルトン・セナ選手やミハエル・シューマッハ選手などF1のトップドライバーには同レースの上位入賞者も多い。日本人では2001年に佐藤琢磨選手、2008年に国本京佑選手が優勝している。

今年は日本人ドライバー3人を含め、世界各国のF3選手権上位者30人が参戦する予定。

WTCCはFIA(国際自動車連盟)が管轄する世界最高峰のツーリングカーレースで、横浜ゴムは2015年まで10年連続でタイヤ供給することが決まっている。

GT ASIAは主にFIA GT3レギュレーションのマシンが参戦する国際レースで日本、マレーシア、マカオを転戦する。

横浜ゴム、マカオグランプリにタイヤをワンメイク供給