BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 内田俊一》

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、3シリーズにワゴンモデルの『3シリーズツーリング』を追加した。

箱根周辺で開催されたジャーナリスト向け試乗会において、BMWマーケティング・ディビジョンプロダクト・マネジメント・マネジャーの岡田祐治さんは、3シリーズツーリングのデザインについて、「BMWの文法に従ったきれいなデザインに仕上がっています」という。具体的には、「長いホイールベース、短いオーバーハング、すらりとしたエンジンフード、そして、クーペのように流れるようなルーフラインなど、BMWならではのデザインとなっています」。さらに、「大きく傾斜したDピラーに、BMWではホフマイスターキンクと呼んでいる、一番ウインドウの後端のデザイン造形が、サイドビューに躍動感を与えているのです」

ボディサイズは先代モデルと比較し、「ホイールベースは50mm、全長は90mm伸びています。これにより、後席の居住性が、ヘッドルームが10mm、ニールームが20mm改善ました」と話す(全長4625mm、全幅1800mm、全高1460mm、ホイールベース2810mm)。

「エンジンラインナップは、320dブルーパフォーマンスクリーンディーゼルと、ハイパフォーマンスモデルとしてガソリンエンジンの328iを設定しており、それぞれにデザインライン等5モデルの展開で、合計10モデルとなります」とする。

価格は、「セダンと比較し21万円の価格アップです(320dツーリング標準モデルで491万円)。標準装備が豪華になっているにもかかわらず、価格アップは最小限に抑えました」と語った。

BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 内田俊一》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 内田俊一》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 内田俊一》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 内田俊一》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 内田俊一》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》 BMW 3シリーズ ツーリング《撮影 雪岡直樹》