東洋ゴム「トーヨーガードコーン」

東洋ゴム工業は、ダイバーテック事業販売子会社である東洋ゴム化工品販売が11月15、16日の2日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「ハイウェイテクノフェア2012」に出展し、「トーヨーガードコーン」シリーズを出品すると発表した。

トーヨーガードコーンシリーズは、交通の安全性を高めるため、道路のゼブラゾーンの境界や中央線を示すために設置される視線誘導標・車線分離標。

高速道路の対面通行区間では、事故防止のため、高い安全への取り組みが求められている。トーヨーガードコーンシリーズは、道路上で視認性が高く、効率よく設置・交換できることから、同社では今後もニーズが増えると見ている。

トーヨーガードコーンシリーズは、夜間やトンネル内での視認性に優れ、接触した際でもウレタンエラストマー素材が衝撃を吸収することが特長。

今回のブースでは、商品特長をわかりすく理解してもらえるよう、商品実物の展示に加え、設置事例を示すパネル、衝撃耐久・屈曲耐久の実車衝撃テストの映像などで説明する。

東洋ゴム「トーヨーガードコーン」 東洋ゴム「トーヨーガードコーン」