BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、3シリーズにディーゼルエンジンを搭載した『320d ブルーパフォーマンス』を発売した。

箱根周辺で開催されたジャーナリスト向け試乗会において、BMWマーケティング・ディビジョンプロダクト・マネジメント・マネジャーの岡田祐治さんは、搭載される2リッター直列4気筒ツインパワーターボディーゼルエンジンについて、「特徴的なテクノロジーとしては、コモンレールダイレクトインジェクションシステムがあります。燃料を1800気圧まで圧縮して、直接気筒内に噴射するというテクノロジーを採用しました」。また、「可変ジオメトリーターボチャージャーを採用し、高効率なエンジンとなっています」という。

その結果、「最高出力は135kw(184ps)という、『320i』と全く同じ出力を達成し、トルクは380Nm、38.7kgmと3.5リッターガソリンエンジン車並みのトルクを発揮しています」とする。そして、「ガソリンエンジンと同様に、エンジンオートスタートストップ機能やブレーキエネルギー回生システムなどを採用し、燃料消費量としては、国内ナンバーワンのディーゼルモデルとなる19.4km/リッターを達成しました」

環境性能については、「排ガスの後処理の技術として、DPF(粒子状物質除去フィルター)、そして、NOxキャタライザー(窒素酸化物吸蔵還元触媒)を採用しています。これら2つのテクノロジーを採用することにより、日本の非常に厳しいポスト新長期ディーゼル規制をクリアする高い環境性能を実現しました。つまり、320dは取得税、重量税ともすべて免税モデルになります」と話す。

320dは470万円からの設定だ。「他の3シリーズと同様に、デザインライン等5モデルを展開します。価格アップはガソリンエンジンに対し20万円アップと非常に戦略的な価格設定です。この320dの登場により、BMWのディーゼルモデルは6モデルとなり、国内最多のブランドとなりました」と語った。

BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》 BMW・320d ブルーパフォーマンス《撮影 内田俊一》