ホンダ、DCTと1モーターを組み合わせた小型車向けハイブリッドシステムを開発

ホンダは11月13日、走りと燃費を高次元で両立させる「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の製品群に搭載する新世代パワートレインとして、小中大型それぞれの車種に適応させた3種のハイブリッドを発表した。

小型車向けとして発表したのは1モーターの「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive」で、1.5リットルエンジン搭載のハイブリッドシステムとしてクラストップレベルの燃費に加え、従来モデル以上の加速Gと、DCT(乾式)による伸びのある加速感を実現したという。エンジンは直列4気筒1.5リットルのアトキンソンサイクルエンジンを採用、これに高出力モーター内蔵の7速DCTとリチウムイオンバッテリーを組み合わせて、従来型の1モーターハイブリッドシステムに比べて、30%以上の効率向上を実現するという。

発表に合わせておこなわれた媒体向けの試乗会では『フィット』をベースにした試作車を用意。加速、高速クルーズ時はクラッチを接続させて力強い走りを、発進、低・中速クルーズ時は、クラッチでエンジンを切り離してEV走行をおこなう。さらに減速時は、クラッチでエンジンを切り離し、エネルギー回生を高める制御を入れた。これにより、燃費の向上に大きく寄与するという。

ホンダ、DCTと1モーターを組み合わせた小型車向けハイブリッドシステムを開発 試作車の試乗会で用意された車両。中央の黒いフィットがSPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive搭載車