マルチスズキ・エルティガ

全体相場は6日続落。

欧米情勢の不透明感、円相場の高止まりなどを嫌気し、薄商いの中で方向感の乏しい展開となった。

海外投資家、国内勢ともに動きが鈍く、平均株価は前週末比81円16銭安の8676円44銭と続落。10月15日以来の8700円台割れとなった。

自動車株は全面安。

トヨタ自動車が55円安の3085円、ホンダが30円安の2358円と続落。

日産自動車が10円安の688円と反落。

いすゞ、日野自動車、富士重工が反落し、ダイハツ工業もさえない。

こうした中、スズキが79円高の1835円と4日ぶりに急反発。前週末発表した2012年9月中間期決算で経常増益を確保。通期業績予想は据え置いたが、増益を好感した買いが入ったもよう。

マツダも1円高の106円と小じっかり。

三菱自動車が68円で変わらず。