ダニ・ペドロサ(ホンダ)

11月11日、MotoGP第18戦・スペインGPがバレンシアサーキットで開催された。ダニ・ペドロサ(ホンダ)が今季7勝目を飾り、2位には代役参戦の中須賀克行(ヤマハ)が入った。

午後2時に始まった2012年最後の決勝レースは、不安定な天候が影響し、ウェット宣言からスタートするフラッグトゥフラッグのレースになった。レース開始時は、空模様も路面状態も難しい判断を強いられる状態だったが、ペドロサは、ウォームアップラップでスリックタイヤへの交換を決意し、ピットインしてマシンを交換した。そのため、ポールポジションを獲得していたものの、ピットレーンからのスタートを強いられた。しかし、この戦略が結果的に功を奏し、2番手の選手に37.661秒差を開いてトップチェッカーを受けた。

2位を獲得したのは、負傷欠場のベン・スピース(ヤマハ)に変わって参戦した中須賀克行(ヤマハ)。MotoGPの決勝3戦目で表彰台に登壇する快挙を達成した。3位はケーシーー・ストーナー(ホンダ)。キャリア最後となるMotoGP引退レースを表彰台で飾った。

MotoGP 第18戦(スペイン)
1位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)
2位:中須賀克行(ヤマハ)
3位:ケーシー・ストーナー(ホンダ)
4位:アルバロ・バウティスタ(ホンダ)
5位:ミケーレ・ピロ(ホンダ)
6位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハ)

チャンピオンシップポイント
1位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)350P
2位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)332P
3位:ケーシー・ストーナー(ホンダ)254P
4位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハ)218P
5位:アルバロ・バウティスタ(ホンダ)178P
6位:バレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)163P

ダニ・ペドロサ(ホンダ)