横浜ゴムが発表した2012年1-9月期(第3四半期累計)の連結決算は、2011年1月〜9月までの累計(参考値)との比較で、売上高が1.5%増の3931億円、営業利益が182.8%増の263億円と増収増益となった。

同社は2011年度から3月期決算から12月期決算に変更したため、前年との比較は前年1-9月の参考値と比べた。

タイヤ事業は、北米が低調だったのに加え、国内市販用は前年の東日本大震災の復興特需があったため、反動で落ち込んだ。ただ、国内新車用の販売が好調だったため、事業全体は増収増益となった。

工業用事業は、マリンホースや自動車用シーリング材の販売が好調で増収増益となった。その他事業は補用品が堅調だったが、ゴルフ用品は市場価格の下落、主力商品の伸び悩みで減収減益となった。

収益では、タイヤ事業での増収や天然ゴムなどの原材料価格下落の効果で経常利益は同418.1%増の255億円となった。当期純利益は前年の163億円増となる174億円となった。

通期予想は8月の公表値を据え置いた。売上高5760億円、営業利益490億円、経常利益440億円、当期純利益300億円を見込む。