全日本空輸(ANA)グループは、2012年上半期(4-9月)の輸送実績を発表した。

国内線旅客数は前年同期比7.2%増の1939万0472人と順調だった。提供座席数は同4.6%増の3198万8987席だったため、利用率は61.3%だった。

国際線旅客数は、同16.6%増の331万1813人と好調だった。利用率は77.6%。4〜8月まで2ケタ増で推移してきたが、9月は尖閣諸島問題などの影響で中国向けが低迷、1ケタの伸びにとどまった。

方面別では北米向けが同17.9%増の60万3411人で利用率が82.3%となった。ヨーロッパ方面が同20.8%増の31万6738人で利用率が75.2%、アジア方面が同15.7%増の239万1664人で、利用率が75.1%となった。

上半期の貨物・郵便輸送実績は国際線貨物重量が同6.2%増の26万5121トン、郵便重量が同21.5%増の1万3319万トンだった。

国内線の貨物重量は同2.3%減の23万0577トン、郵便重量が同0.6%減の1万4933トンだった。