ランボルギーニ・ガヤルド《撮影 内田俊一》

ランボルギーニジャパンは11月8日にランボルギーニ名古屋を、9日にランボルギーニ大阪を正式オープン。本国からマーケティングマネージャーを招き、同社の現状を述べた。

「アウトモビリ・ランボルギーニは、世界を先駆けるクルマのラグジュアリースーパーカーの製造会社です」と話すのは、アウトモビリ・ランボルギーニ コマーシャル・ディレクターのフィンタン・ナイト氏。「自社で全ての製造を行っています。もちろん、スペシャルなV12エンジンの開発や、その製造も行っているのです」

そして、「2011年には1600台ものクルマを世界中にお届けしました。2012年にはそれ以上の製造が出来ればと思っています」。また、「日本では2001年よりランボルギーニジャパンを置いており、それ以来1000台以上のクルマをユーザーにお届けしました。ランボルギーニは45か国、120を超えるディーラーネットワークを持っており、日本は5番目に大きな市場なのです」と期待を見せる。

ランボルギーニの現在のラインナップは大きく2つ。「まずはV10の『ガヤルド』のラインナップです。ガヤルドは3つのセグメントに分かれ、ベーシックモデルとしてピュアスポーツカーに立ち返った2WDを選択したモデル。ソフィスティケイトな4輪駆動モデル。最後はスーパーレッジェーラなど、軽量ボディに究極のパフォーマンスを盛り込んだモデルです」。

そして、「もうひとつのラインナップは『アヴェンタドール』です。18か月前に発表され大きな飛躍を実現したモデルとなりました。既に36もの国際的なアワードを受賞しています」。

さらにランボルギーニはそこでとどまることはなく、「その後フランクフルトショーでは、20名のユーザーのために『セストエレメント』を発表。このモデルは999kgで最も多くのカーボンファイバーを使っているモデルです。また、北京モーターショーではSUVセグメントにおいてどのようにランボルギーニが活躍できるかを具現化したモデルを発表しました」と現状を語った。

ランボルギーニ・ガヤルド《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ アヴェンタドールの2013年モデル ランボルギーニ名古屋《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ大阪《撮影 内田俊一》 ランビルギーニのラインナップ《撮影 内田俊一》 アウトモビリ・ランボルギーニ コマーシャル・ディレクターのフィンタン・ナイト氏《撮影 内田俊一》 セストエレメント セストエレメント セストエレメント ランボルギーニ URUS(北京モーターショー12) ランボルギーニ URUS(北京モーターショー12)