10月中旬に愛知県名古屋市中村区内で発生した車両同士の追突事故について、愛知県警は7日、追突側のクルマを運転していた31歳の男が運転直前に脱法ハーブを吸引し、これが原因で事故が起きたと判断。危険運転致傷容疑で男を逮捕した。

愛知県警・中村署によると、問題の事故は2012年10月17日の午後4時35分ごろ発生している。名古屋市中村区亀島付近の県道(片側2車線の直線区間)で、信号待ちをしていた乗用車に対し、後ろから進行してきた別の乗用車が追突。双方のクルマは小破し、被追突側のクルマを運転していた46歳の男性が頚部打撲などの軽傷を負った。

追突側のクルマを運転していた東海市内に在住する31歳の男は酩酊状態で、通報を受けて駆けつけた警官の質問にも答えられないような状態だった。車内を捜索したところ、大麻よりも幻覚作用の強い粉末状の脱法ハーブを発見した。

警察では男がこれを運転前に吸引していたと判断。事故当時は薬物摂取による酩酊状態の際中であり、正常に運転できる状態ではなかったと判断し、7日に男を危険運転致傷容疑で逮捕している。

調べに対して男は事故を起こしたことは大筋で認めているものの、「ハーブによる影響ではない」として、容疑の一部を否認しているようだ。愛知県では同様の幻覚作用が大麻より強い脱法ハーブ摂取後の運転で死亡事故も発生しており、男を厳しく追及。購入ルートの解明も進める方針だ。