エヴァ飛車

富士急行は、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の公開に合わせ、コラボレーションした取り組み「EVA:Q×FUJI:Q計画」を、11月17日よりグループ各施設にて開始する。

コラボのメインとなるのは、富士急ハイランドの大型コースター「高飛車」をエヴァンゲリオンの世界観で染め上げた「エヴァ飛車」と、富士急行線の車両をエヴァンゲリオンのカラーにラッピングした「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q公開記念電車」。

「エヴァ飛車」は、最大落下角度121度(ギネス世界記録認定)のローラーコースター「高飛車」の車両やアナウンス、BGM、駅舎などを全面的にエヴァンゲリオン仕様に変更したもので、搭乗者はエヴァのパイロットとなってエヴァ初号機のカラーにラッピングされた「エヴァ飛車」に乗り込み、全長約1000mのコースを、絶叫とともに駆け抜ける。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q公開記念電車」は、富士急行線の車両1編成(2両)の外装をエヴァンゲリオン初号機と2号機をテーマにした車体色にしたもの。内装は劇中での名シーンや名セリフが車内のポスターやつり革などに散りばめられており、運行中の一部区間では、登場キャラクター「葛城ミサト」ボイスの車内アナウンスが流れる。

この他にも、富士急ハイランドではフジQ限定オリジナルクリアファイルや缶バッジが手に入るスタンプラリーが開催され、巨大フォトスポットも登場する。さらに隣接するハイランドリゾートホテル&スパでは、期間限定で「エヴァンゲリオンルーム」に宿泊した人全員に劇場前売り鑑賞券をプレゼントするキャンペーンを実施。レストランにエヴァンゲリオンオリジナルメニューが登場するなど、富士急ハイランド一帯がエヴァ一色に染まる。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q公開記念電車 EVA:Q×FUJI:Q計画