マルチスズキ・リッツガソリンA/T

インドのマルチスズキは『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)ガソリン車のオートマチック搭載車追加をホームページ上で公開した。

また、あわせて今までディーゼル搭載車のみが先行していたフェイスリフトがガソリン車にも適用される。

今回、施されるフェイスリフトは日本国内で販売されるスプラッシュが6月に実施したのと同じく、アンダーグリルが下に伸ばされ、アッパーグリルと一体感を持たせたデザインとなり、同時にフォグランプベゼルも鋭い形状に変更されている。ただし、スプラッシュが同時にリアバンパーも変更したのに対し、リッツは従来通りとなる。

オートマチック車が選択できるのは中間グレードのVxiで、VxiのMTが1015kgなのに対しA/Tが1035kgと20kgの増加となる。搭載されるA/TはスプラッシュがCVTであるのに対し、リッツはトルコンの4速ATとなる。

M/Tの燃費は18.50km/リットルであるのに対しA/Tの燃費は17.16km/リットル。

マルチスズキ・リッツガソリンA/T・リア マルチスズキ・リッツガソリンA/T・内装