ランボルギーニ名古屋オープン《撮影 内田俊一》

11月8日、ランボルギーニジャパンの中部エリアの販売拠点である、ランボルギーニ名古屋が正式にオープンした。

ランボルギーニ名古屋を運営するクインオート取締役副社長の宮定雄大さんによると、「中部エリアにランボルギーニのディーラーがしばらくなかったので、ランボルギーニから打診がありました。当社のグループは12程輸入車ブランドを扱っていますので、そういったところを認めてもらえて、ディーラーをやらせてもらえたのだと思います」とそのきっかけを述べる。

宮定さんは、「輸入車ブランドは沢山扱っていますが、トップのスーパーカーであるということ、それから、クインオートは関西が中心ですので、中部エリアの地域性がよくわからないという不安な部分がありました」という。しかし、「事前準備からしっかり計画を立て、人材の手配をやっていく中で、集まったメカニックやスタッフが心強いメンバーでしたので、この半年間(ランボルギーニ名古屋は5月25日にスタートした)順調に滑り出しています。非常にやりがいがありました」と話す。

最後に宮定さんは、「中部エリアではランボルギーニが見られなかったので、かなりの来店があり、興味を持ったユーザーが沢山います。待ち望まれていたのでしょう」と語った。

ランボルギーニ名古屋オープン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ名古屋オープン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ名古屋オープン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ名古屋オープン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ名古屋クインオート取締役副社長の宮定雄大氏。《撮影 内田俊一》