6日午前8時50分ごろ、新潟県新潟市中央区内の市道で、緊急走行中のミニパトカーが交差点を右折しようとしたところ、対向車線を直進してきた自転車と接触する事故が起きた。自転車は転倒し、乗っていた82歳の女性が軽傷を負っている。

新潟県警・新潟東署によると、現場は新潟市中央区万代5丁目付近。交差点には信号機が設置されている。同署地域課に所属する48歳の巡査部長が付近をパトロールしていたところ、傘を使いながら自転車に乗っている人を発見。この自転車を追跡するためにサイレンと赤色灯を使用し、前方の交差点を右折しようとしたところ、対向車線を直進してきた別の自転車と接触した。

自転車は接触の弾みで転倒。乗っていた82歳の女性が打撲などの軽傷を負った。追跡対象の自転車はこの隙に逃走している。

事故当時、双方の信号とも青だった。警察では巡査部長が前方の安全確認を怠ったことが事故につながったものとみて、自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。