米国ミシガン州の工場で生産が開始されたフォードC-MAXエナジー

米国の自動車大手、フォードモーターは11月8日、米国ミシガン州の工場において、同社初の市販プラグインハイブリッド車、『C-MAXエナジー』の生産を開始した。

C-MAXエナジーは2012年1月、デトロイトモーターショー12で初公開。『C-MAX』はもともと、欧州向けに開発された2列シート、5名乗りの小型MPVで、プラットフォームは『フォーカス』がベースだ。3列シート、7名乗り仕様は『グランドC-MAX』を名乗る。フォードモーターは2011年、消費者の小型車シフトに対応して、米国市場へC-MAXを投入している。

そのプラグインハイブリッド版として開発されたのが、C-MAXエナジー。2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。トータル出力は195ps。二次電池は、リチウムイオンバッテリー。

C-MAXエナジーはEVモードで、最大20マイル(約32km)をゼロエミッション走行可能。EVモードでの最高速は、85マイル/h(約137km/h)。ガソリンエンジンを併用した際には、最大で550マイル(約885km)の走行を可能にしている。

今回、フォードモーターはミシガン組み立て工場において、C-MAXエナジーの生産をスタート。フォードモーターによると、同一の製造ラインでガソリン車、EV、ハイブリッド、PHVを組み立てるのは、ミシガン工場が世界で唯一だという。

フォード C-MAXエナジー フォード C-MAXエナジー