デルタ航空は、12月1日発券分から日本発着の燃油サーチャージを引き上げると発表した。

日本〜北米路線は5000円引き上げて2万6000円、日本〜ハワイ路線が3000円引き上げて1万6500円となる。

日本〜タイ・シンガポール路線は2500円引き上げて1万3000円、日本〜ミクロネシア(グアム・サイパン・パラオ)・フィリピン路線が1500円引き上げて8000円、日本〜中国・台湾・香港路線が1000円引き上げて6500円、日本〜韓国路線が500円引き上げて2500円となる。

同社では2カ月ごとに航空燃料価格から、あらかじめ設定している条件額を上回った場合か下回った場合、燃油サーチャージを見直している。