日産・NT450アトラス

日産自動車は、最大積載量2〜4tクラスのトラック『アトラスH43』をフルモデルチェンジし、2013年1月8日より、『NT450アトラス』として発売すると発表した。


今回発売するNT450 アトラスは、2010年4月に発表された、ルノー・日産アライアンスとダイムラーAGとの戦略的協力関係に基づく商品。ダイムラーAGのトラック事業における戦略的提携パートナーである三菱ふそうトラック・バスと、日産自動車との間で締結された商品相互供給に関する基本契約に基づき、三菱ふそうトラック・バスより、最大積載量2〜4tクラスのトラック『キャンター』のOEM車両として供給される。

NT450 アトラスは、トラック唯一のデュアルクラッチを採用した機械式オートマチックトランスミッション「デュオニック」、高効率燃焼と低燃費を両立させた新型3リットルディーゼルエンジン「4 P10」、排出ガスの後処理技術である「再生制御式DPF+尿素SCR」を搭載。全モデルにおいて、「2010年排出ガス規制(ポスト新長期排出ガス規制)」に適合し、さらに同規制値よりNOxとPMを同時に30%低減させることで、高い環境性能を実現。あわせて、2015年度燃費基準を達成し、クラストップレベルの低燃費も実現させた。

価格は399万4200円から572万1450円。

日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス 日産・NT450アトラス