5日午前1時20分ごろ、佐賀県唐津市内の市道で、頭から血を流した男性が路上に倒れているのを通行人が発見した。男性は近くの病院に収容されたが、まもなく死亡。現場にはクルマの破片が散乱しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

佐賀県警・唐津署によると、現場は唐津市町田3丁目付近で片側1車線の直線区間。当時は強めの雨が降っていた。男性は車道上で頭から血を流した状態で倒れており、発見した通行人が警察へ通報した。

男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡。後の調べで同市内に在住する39歳の男性と判明している。

現場は住宅地の中を通る道路。周辺には死亡した男性の所持品やクルマの破片などが散乱しており、受傷状況からも警察では男性が車両にひき逃げされたものと判断。死亡ひき逃げ事件として捜査を開始し、車種の特定を急いでいる。