パテント・リザルトは、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「全業種特許資産の規模ランキング」をまとめた。

今回のランキングは2011年4月1日から2012年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計した。

その結果、前年1位だったパナソニックが2位に大差を付けてトップとなった。2位は前年3位だった東芝、3位が前年8位だった三菱電機で、電機メーカーが上位を占めた。

4位はトヨタ自動車で前年と同じ順位。トヨタは特許件数ではパナソニックに続く2位だった。5位がキャノンで2ランクアップ、6位のシャープは1ランクダウン。

7位は前年2位だったソニーで、大幅に順位を下げた。8位のデンソーも前年6位からダウン、9位がホンダ、10位がリコーとなった。