【メルセデスベンツ Mクラス 発売】メインはクリーンディーゼル、右ハンドルも導入

新型メルセデス・ベンツ『Mクラス』のメインモデルはML350ブルーテック4MATICであるという。

ジャーナリスト向け試乗会において、メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部商品企画1課の伊藤節弥氏は、その大きな特徴のひとつに、「これまで左ハンドルしか日本には導入していませんでしたが、ようやく待望の右ハンドルが登場し、さらにクラスの中心的なモデルになるのではないかと思っています」と述べる

そしてエンジンについて、「効率が大幅に上がっており、従来モデルと比較し、パワーでは23%、燃費は33%低減しており(258PS、12.5km/リットル)、パフォーマンスと燃費が高い次元でバランスされたエンジンとなりました」いう。そして、「優れた燃費効率によって、無給油の航続距離はSUVモデルであっても1000km近く走ることが出来るということも、大きな特徴でしょう」

このブルーテックモデルにはさらに2つ特徴的な機構がある。まず、このモデル専用に開発されたエンジンマウントで、「油圧で制御される可変のエンジンマウントを搭載しており、振動も静粛性も向上しました」と話す。もうひとつは、尿素タンクだ。「従来はスペアタイヤのところに入っていましたが、これをサイドに移し、ガソリンの給油口の横から補給することが出来るようにしました。その結果、スペアタイヤのスペースにきちんとスペアタイヤも入れることが出来るようになったのです」と語った。

【メルセデスベンツ Mクラス 発売】メインはクリーンディーゼル、右ハンドルも導入 【メルセデスベンツ Mクラス 発売】メインはクリーンディーゼル、右ハンドルも導入 【メルセデスベンツ Mクラス 発売】メインはクリーンディーゼル、右ハンドルも導入 【メルセデスベンツ Mクラス 発売】メインはクリーンディーゼル、右ハンドルも導入 【メルセデスベンツ Mクラス 発売】メインはクリーンディーゼル、右ハンドルも導入