トヨタ自動車本社

トヨタ自動車のマレーシアにおける車両販売会社、UMWトヨタ自動車(UMWT)は設立30周年を記念し、11月7日記念式典を行った。

式典にはマレーシアのジャコブ・ドゥンガウ・サガン経済産業副大臣を来賓に迎え、トヨタの布野副社長、UMWTのイスメット スキ社長など関係者らが出席。布野副社長は「UMWT設立30周年を迎え、改めてお客様をはじめ関係者の方々に感謝の意を伝えたい。トヨタグループが一体となり、今後も安定した経済成長が期待できるマレーシアにおいて自動車産業の更なる発展に貢献したい」と語った。

トヨタはマレーシアにおいて1982年、同国のUnited Motor Works(UMW)」と合弁で、販売会社Sejati Motor Sdn.Bhd.を設立(1987年、社名をUMWTに変更)。当時3万台程度だった年間販売台数は、2003年に『Vios』、2005年に『ハイラックス』など『IMVシリーズ』といった人気車種の導入を経て、近年では9万台程度が販売されている。昨年の乗用車総市場で販売シェアは約15%で、国民車(プロトン、プロドゥア)以外のメーカーではトップとなっている。

一方、生産についてはトヨタはAssembly Services Sdn.Bhd.(ASSB)で1968年に『ランドクルーザー』の生産を開始。その後『カローラ』や『IMVシリーズ』などを生産し、2000年には累計生産50万台、2011年には100万台を達成した。