無限のパーツを装着したホンダ N-ONE

ホンダが11月1日、発売した新型軽自動車、『N-ONE』。Nシリーズ第三弾として登場したN-ONEに、早くも無限のカスタマイズパーツが設定された。

これは11月1日、無限(M-TEC)が明らかにしたもの。N-ONE用の無限パーツが、公式発表されたのだ。無限らしく、内外装からパフォーマンスを引き上げるアイテムまで、トータルでカスタマイズできるパーツがラインナップされている。

外観は、フロントエアロバンパー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラー、ウイングスポイラーなどを用意。とくにフロントスポーツグリルは、N-ONEの表情を大きく変える効果を発揮する。専用開発のアルミホイールは、ダークガンメタリックとマテリアルシルバーの2色。

室内では、ターボ車用のブーストメーターをはじめ、ダッシュボードをカラフルに彩るインテリアパネル、スポーツペダル、エンジンスタータースイッチ、スカッフプレートなど、好みのアイテムが選択できる

パフォーマンス面では、デュアルエグゾーストシステムを設定。オールステンレス製で、ターボ車とNA車のそれぞれに、専用セッティングが施される。スポーツサスペンションやブレーキパッド&ローターなど、足回りのパーツも揃っている。

無限のパーツを装着したホンダ N-ONE 無限のパーツを装着したホンダ N-ONE 無限のパーツを装着したホンダ N-ONE 無限のパーツを装着したホンダ N-ONE 無限のパーツを装着したホンダ N-ONE 無限のパーツを装着したホンダ N-ONE